ワカシ?!ってバカにしないでください。

今の時期のブリは高い。

そう、氷見ぶりに代表される俗に「寒ブリ」と言われる魚です。

脂ノリノリなので、刺身やブリしゃぶで食べたらいいだろな。

そしてシンプルに塩焼き、ブリ照りなんでおススメです。

しかし親に混ざって「ワカシ」と呼ばれる若いブリも大量に水揚げ出荷されてきます。

どうせ「ワカシ」なんて!

魚を良く知っている人なら、こんな評価になるかもしれません。

しかしよくある慣用句「事実は小説より奇なり」じゃないけど、食べると実際は美味しいんです。

長井水産㈱から出荷されたワカシ。

少し色ボケしたようで・・・・・?

水揚された当時は色鮮やかなんですが、1日1日日数が経過すると少しづつ色ボケしちゃうんです。

でも今回色ボケしている主な原因は「脂のり」なんです。

この話、出荷者である長井水産㈱の秋山さんから聞いた情報だから・・・・・、疑う余地がないですよ。

見た目に反して、脂がのっている今のワカシは、とても美味しいんです。

1尾購入して、1日目は刺身、2日目はなめろう、3日目はサンガ焼き。

3日間連続ワカシなんて・・・・・、私なら耐えられるな(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー