トピックス

三浦三崎の亀吉丸のキンメ、地元贔屓ですいません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

う~、寒い。

湘南地方は昨日海風=南風が吹いて、最高気温も12℃を超える小春日和に。

しかし、今朝は山風=北風が強く吹いているため、風に体温を奪われ思いのほか寒いスタートです。

こんな日はカラダが温まるものを食べたいですよね。

するとワンパターンですがおでん、じゃなければ寒ぶりでブリしゃぶなんていいですよね。

 

でも、今日は地元神奈川の三浦三崎から、しゃぶしゃぶ鍋に使える魚が入荷しているので紹介したいと思います。

三浦三崎・亀吉丸のキンメダイです。

当社は横浜の中央卸売市場の大卸、伊豆稲取、千葉勝浦・銚子などからタグをつけたブランドキンメダイなど、数多く出荷されています。

しかし地元神奈川県内から出荷されてきたものだから、特別な思い入れをしてしまうのは、ホーム&アウェイ、地元贔屓(ひいき)ですかね。

今日は5入れ、6入れのサイズが入荷してますが、我が家のように女性上位の家族では1尾を食べ切るのは大事。

刺身、煮付け、アクアパッツァ、そして意外と量がススムのがしゃぶしゃぶなんです。

ただし身は出来るだけ薄く切ってあげた方が、しゃぶしゃぶする楽しさと食べてるライトな感覚がイイかも。

目で楽しめ、舌でも楽しめるキンメダイは、今の時期の脂がのって美味しいですよ。

追伸

発泡の箱を開けると、実はこんな色合いなんです。

ちょっと白っぽく見えないですか?

キンメダイは生きている時は、もっと白いそうです。

もしかしたら青い袋の中のキンメダイこそが、海中にいる時の姿に近いかもしれませんね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー