見れば分かるよね、下浦丸魚水産の「黄金あじ」。

猪又社員報告です、やっぱり「黄金あじ」は凄かったです。

先日紹介した下浦丸魚水産㈲の「黄金あじ」、自分で紹介しておきながら食べていなかったので・・・・・。

見かけ倒しじゃないの?なんて言われたくないので、是非捌いてみたいと思っていました。

そして思いがけず今朝、横浜丸栄水産㈱細谷専務より数匹分けて頂きました。

会社で気軽に魚を捌けるよう常に文化包丁は携帯しているので、チョット試してみました。

腹開き、背開き、どちらが見栄えが良いのか考えて、ありのままが分かる背開きにしました。

まず「黄金あじ」に包丁を入れた私の第一印象は、脂がのっている。

内臓部分を包丁で掻き出すと、「黄金あじ」の良さを確信した。

魚の世界に健康診断があったら、間違いなく脂質異常で再検査間違いないでしょうね。

ここまで捌いたら、食べるしかないですよね。

食べた感想は?

脂がのって美味しい、至極当然な感想。

ダジャレじゃないけど、「味が良いからアジ(鯵)」と言う常套句が頭の中を駆け巡っていた。

醤油等何もつけずに食べたので、アジの旨味がずっと残っていた。

先ずは生食刺身だと思うけど、美味しいアジで作ったアジフライは最高におススメ。

アジ空きの人は、下浦丸魚水産㈲の「黄金あじ」は要チェックです。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー