トピックス

今のカツオは初鰹?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近季節感が少しずつなくなってきているイメージがあるんです。

量の多寡はあるものの、1年を通して市場では見かけることも・・・・・。

これって初鰹と呼んでいいんですよね?

先日は和歌山県からしょらさん鰹、今日は千葉県勝浦より鰹が入荷しています。

初鰹と言えば、毎年春を迎えるこの時期、九州方面から北上を始め、太平洋側の各所で水揚げされる鰹をこのように呼んでいます。

しかしまだ2月に入ったばかりなのに、こんなに鰹が入荷していていいんでしょうか。

土佐の一本釣りで有名な高知の鰹でさえも、初鰹の声を聞くのは初夏の5月~6月です。

もしかしたら『迷い鰹?』、いや『迷子の鰹』の方が正しいかも。

今日入荷した勝浦の鰹は、魚体は大きく丸々太った個体がまとまっています。

入荷する魚の数が多いことは、当社にとっては嬉しいことです。

それは売上・利益に直接的につながるからです。

でも地球温暖化に異常気象、海水温の上昇、黒潮の大蛇行等々、地球が悲鳴をあげている。

日本の良いところである、春・夏・秋・冬の4つの季節=四季があることです。

その四季が近年1~2ヶ月くらいずれている気がします。

地元神奈川の海『相模湾』は、冬枯れが理由なのか、昨年よりさっぱり魚が獲れない状態が続いています。

でも海水温はいつもより高いと聞いています。

個人的にはちょっと腑に落ちないんですが、県内浜の情報を営業担当より継続的に入手したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー