トピックス

今のワラサはスリム、だけど値段は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜丸魚のグループ会社『館山丸魚㈱』よりワラサが入荷してます。

丁度館山丸魚㈱秋山社員がいたので、魚の状態を聞いてみました。

すると、恥ずかしいから止めてくれと一言。

本来この時期のワラサは、脂ののった背黒=シコイワシ=カタクチイワシを沢山食べて太っていてもいいのですが・・・・・。

 

見て直ぐにわかるスリム、ストレートな表現だと細くて貧弱かな?

もともとワラサは寒ブリのような脂ののりを楽しむと言うより、噛んだ時の歯応え・食感・ほんのり脂ののりが持ち味。

どうしても魚の腹の中を見せて販売している訳ではないので、外見そして第一印象が非常に大切になります。

秋山社員は本当の魚扱いのプロだから、自分が目利きした魚には責任と誇りを持って対応しています。

だから、魚の評価は必然的に辛目かな。

今、平塚市漁協の定置網漁で獲れるワラサが、K当りセリ値250~350円くらい。

市場であれば、この価格に若干の利益がのった金額でお求め出来ます。

今のワラサは間違いなく安い、しかし工夫をして料理しないと美味しくない食材です。

それだけに、料理のしがいのある食材だと思います。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー