トピックス

今の時期、四の五の言わずイサキでしょ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時期、何がおススメの魚?と聞かれたら・・・・・。

私は迷わず即答しちゃいます『イサキ(伊佐木・鶏魚)』だと。

しかも平塚市漁協の追っ駈けのイサキ、㈲元初商店の大菊社長に無理言って取り置きしてもらったモノです。

自分が良いと判断した魚が、本当に良いのか?

私の目利きの真偽を確かめたいのと、単純に食べたいと思ったからです(すいません)。

どうやって食べるか?最初から決めてました『塩焼き』。

何にするにもウロコと内臓処理は早目にしないと駄目、家に帰って直ぐに実行しました。

コロッと太った体形美味そう。

鰓は真っ赤、鮮度が良い証拠です。

腹に包丁を入れると、山吹色の一対のあるモノを発見。

あっ!卵持ちだ。

通常、抱卵したメスの魚は、卵に栄養素を摂られてしまうので味が落ちると言われています。

しかしイサキは、その傾向は少ない言われています。

私の美味い・不味いの基準は当てになりませんが、今回塩焼きにして食べた感想は・・・・・。

程良い脂ののりが最高に良い。

身を箸で一摘まみすると滴る旨味、瑞々しい=ジューシーと言う形容詞がピッタリです。

焼いたイサキの皮下の脂がまた美味い。

白身の魚は淡泊と言うイメージは持たないで下さい。

イサキは旨味が濃く、いくら食べても飽きない味わいです。

入梅イサキと言うくらいだから本番はこれから。

まだまだ駆け出しでこんなに美味しいなんて、絶対にリピートしちゃいます。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー