休市日もネタ仕込んでます。

台風14号の直撃はなかったものの、想定外の雨量と季節外れの低温に辟易。

やっぱり時化の影響で、市場に入荷する鮮魚の量は少なくなっていた。

今日は残念ながら写真を1枚も撮れなかった。

そんなことが起きることは想定内で、その対応策として昨日保険をかけておきました。

休市日だから相方から、「今日の夕飯のおかずは?」と聞かれた。

ごくごく普通の流れで、土曜日に仕入れた食材で私が夕飯のおかずを担当しました。

全てをお見せ出来ませんが、

追っ駈けの汐子、

もずくの味噌汁、三陸赤崎産殻付き牡蠣、

オオミゾガイのバター焼き、

そして厚岸湾のシシャモの唐揚げ。

どんだけ魚好き?いや海産物好きと自分でも厭きれてしまうレベル。

オオミゾガイは複数日に渡り食べ、初日は湯通しして刺身、2日目は味噌汁の具、最終回はバター焼きで締めくくり。

オオミゾガイは熱を加えると、程よい硬さになりますが全然問題ないレベルです。

ただ炒めていると、ドンドン水分が出て来てしまった。

単純に塩胡椒だけでなく、片栗粉などでコーティングすれば良かったと反省です。

味付けは無敵の「ガーリックバター醤油ソース」にしたら・・・・・ご飯がススム君です(笑)。

そしてシシャモはクレイジーソルトとコショウで強めの下味をつけて、余計な水気を抜きました。

余計な水分を抜くのは、シシャモの旨味を凝縮するのと、脂で揚げた時に腹がパンクしないようにするためです。

仕上がりはこちら。

唐揚げだからソースやマヨネーズをかけて食べようかと思いましたが、素のままで食べたら・・・・・しっかりシシャモの味を感じ取れて良かった。

娘たちの反応は?

意外と抵抗なく食べていたので一安心。

でも、この調子だと自分の懐も心配です(苦笑)。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー