トピックス

何の西京漬け?アブラボウズです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市場では良く見かけるこの魚、しかし意外と売ってる社員も食べた経験がないらしい。

勿論、私も食べた経験がない1人です。

その理由は、魚の重量はそこそこで、㎏単価も高め安定。

1尾を購入するのに、福沢諭吉を複数準備しなければいけません。

しかも1回に食べることが出来る量が制限されて、とても一人では消費出来ないからです。

でも美味しい、誰もが口を揃えて言うんです。

食べたい、食べたいと熱望している声を、仲卸横浜丸栄水産㈱細谷専務が拾ってくれました。

このブログを私的なことに使用して大変申し訳ございません。

その魚はこちらの画像、既に切り身で西京漬けに加工されています。

似たような外見ですが、鰆(サワラ)の西京漬けではありません。

さてこの切り身の正体は何?

正解はクロことアブラボウズ、しかも松輪漁協より出荷されたもの特別モノです。

細谷専務からは、西京味噌の取扱いについて注意がありました。

「水でも良いけど、出来れば日本酒を使って、しっかり洗い流して下さい。」と言うものでした。

酒は料理以外には使わない私にとっては何ら苦でもないですが、酒飲みには辛い使い方ですね(笑)。

西京漬けは焦げちゃ駄目、だからロースターを使って様子を見ながら焼きました。

黄金、鼈甲色に仕上がった身肉と、少し皮目が焦げた感じが最高にイイです。

当然、見た目だけじゃなく食べても美味しい。

全身が大トロなんて例えられますが、白身の歯応え・弾力ある身肉と、トロトロとした脂のコントラストが最高にイイです。

貧乏臭い話しになりますが、次はいつ食べることができるかな。

今回は、非常に良い経験をしました。

そして自分の好きな魚ランキングで、アブラボウズが急上昇したのは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー