トピックス

修飾しきれないほどの良さ、キンキ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羅臼船上活〆沖詰釣りキンキが入荷しています。どれだけめんめ(キチジ)を修飾する言葉が重なっているのでしょうか。しかしサカナを一目見たら納得する素晴らしいめんめです。

サカナの目利きで、魚体全体を見た時に顔(頭)が相対的に見て小さく見えるモノ。別の言い方をするとカラダの大きなモノはよく肥えていると言われています。

どうですか、かなり今言っていることに近くないですか?画像のキンキ。色艶良し、魚体良し、漁獲方法良し、そして取り扱い方法良しと全く文句なしです。

取引値をネットで調べていたら、羅臼産はもとより全道的に価格が上昇しているそうです。因みに画像のキンキは市場でもキロ6,000~7,000円を下らない上物です。

おそらく高級鮮魚店の店先には、目が飛び出るような値段で販売されていると思います。

今日入荷しているキンキであれば、刺身でも食べれるくらい鮮度が良く、キンキの身が醤油に触れた瞬間にパッと脂が散っていく様子が容易に想像できます。

筆者的には煮付けがNo.1ですが、刺身も良いと思います。

img_1897 img_1902 img_1899

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー