トピックス

商業捕鯨だって厳しく管理されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気づけば、連日入荷があります。

やはり2019年7月1日より日本が商業捕鯨を再開したためでしょうか?

舌、

赤身、

特赤、

うね・畝須、

鹿の子。

様々な部位が入荷してきています。

今日のクジラはミンク鯨、北海道は釧路沖で捕獲されたものです。

商業捕鯨が再開されて、どんどんクジラを獲れるものだと思っていませんか?

実は私自身もそう思っていました。

しかし、実際は科学的算出方法によって得られた捕獲可能量から、本年実施された調査捕獲数、定置網による混獲数、国による留保を控除して、今年7月1日から12月31日までの捕獲枠を決めているそうです。

ちなみにミンク鯨52頭、ニタリ鯨150頭、イワシ鯨25頭となっています。

と言うことは・・・・・。

今セリ場に並んでいるミンク鯨は、貴重な1/25だと言うことです。

私個人としては、市場で働くようになって鯨を口にする機会が確実に増え、今までの認識は180度変わりました。

昔々給食で食べた鯨の竜田揚げは、カチカチで噛みきれなかった(涙)。

でも特種相対品課北村社員が扱うクジラは、赤身なら牛フィレ。

鹿の子は、赤身と脂肪分のバランスが良く霜降りっぽいともばらのようです。

もっと出荷量が増えれば価格も安定すると思いますが、アジを1尾買うのとは訳が違います。

財布と相談しないと、衝動買いはとてもデンジャラス。

でも美味しいモノを食べたいのなら絶対に買いです。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー