トピックス

夏は青魚のパスタがいいんじゃない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

休みと言えば、夕飯のおかず作り。

今回はサンプルで頂いた『Ca va?(サヴァ)』と残りモノのイワシのオイルサーディンで簡単パスタです。

正直、金曜深夜に作ったイワシのオイルサーディンで精も根も尽きた週末。

最初からメニューは、手抜きでパスタにしようと考えていました。

なんと言っても具材を切って炒めるだけだから、誰が作っても簡単に出来ちゃうので楽ちんです。

今回はニンニク、ベーコン、エリンギ、シメジ、自家製ピーマン、辛くない青唐辛子(藤沢産)などを事前に炒めます。

次に残りモノのオイルサーディンをフライパンに投入し軽く混ぜます。

『Ca va?(サヴァ)』の缶を開けると・・・・・。

じゃじゃじゃじゃ~ん、キレイなサバが顔を見せてくれました。

そして仕上げに『Ca va?(サヴァ)』のオリーブオイル漬けを入れて、サバの身を程よい大きさに解し混ぜて出来上がり。

お好みで塩胡椒を足してもOKです。

そして今回新しく仕入れた秘策が・・・・・。

昨日車中でラジオを聞いていたら、FMヨコハマで面白情報を入手。

それは素麺を茹でる際に梅干しを入れると、歯応えのある仕上がると言うものです。

その理由は科学的に証明されており、お湯に梅干しをいれることでお湯が酸性になります。

酸性になると麺の澱粉質がお湯に溶けだすのを防ぐからで、結果コシと喉ごしのよい麺に仕上がると言うものです。

素麺とスパゲッティ、和と洋と違った麺ですが、原材料は同じ小麦。

同じ効果を期待したのですが、食べる時には麺のことをすっかり忘れていました(笑)。

次回冷製カッペリーニなどシンプルなパスタ料理の際に確認したいと思います。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー