大阪湾のアジはめっちゃ凄い!?

所変われば品変わると言う故事がありますが・・・・・。

魚にもこの故事が当てはまるんです。

どっちらか一方の優劣を言っているのではありません。

東西に長い日本には、お国(都道府県)毎に旬なモノ、美味しいモノが異なります。

大阪府の栄光丸よりここ数日連続して入荷、しかも直ぐに完売です。

その理由は梅雨アジ。

かなり餌を食べて肥っているので、コロコロしてます。

比較すれば一目瞭然なのでご覧下さい。

でも大阪湾って工業地帯のイメージが強かったんですが、当地横浜の海(東京湾)同様に魚の宝庫だったんです。

古事記に記されている『茅渟の海』の名は、大阪湾にチヌが多く獲れて『豊かな海であったこと』からこのように呼ばれていたようです。

そして大阪が『なにわ』と呼ばれる由来がまた面白い。

昔は魚のことを『な』と呼び、『な』がたくさんいる庭(広い場所)=『海庭(なにわ)』と一説にあるそうです。

とにかく大阪湾は侮れない存在。

本当はちょっと前に梅雨イワシも入荷していたのに・・・・・。

明日が梅雨明けみたいなので、次はだんじり祭りになくてはならないとワタリガニでもマークしようかな。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー