太平洋廻りのブリが北上中。

ちょっと気になる箱が、日を追うごとに増えて来ています。

岩手県、青森県、北海道、そのほとんどが定置網漁で捕獲されています。

今日はワラサ、ブリを紹介します。

既にどんどん北上しているワラサ・ブリ。

ブリは早春から晩春にかけて、東シナ海から九州、四国の沿岸で産卵します。

産まれた幼魚たちは、流れ藻について太平洋沿岸、日本海沿岸、朝鮮半島東岸を北上します。

そして15㎝前後に成長したブリの幼魚は、それぞれの沿岸にとどまり成魚(3歳魚)になると、秋から冬にかけて産卵のために故郷の南の海に戻って行くのです。

頭の方から接写!

かなり頭デカイかな?

魚のプロから言わせると『まだまだ青二才』と言ったレベル、実際に身を割って見ていないし食べてもいないので無責任なことを言えませんが・・・・・。

脂ののったブリをご用命の方は、もう暫くお待ち下さい。

魚の年齢に応じた調理方法、食べ方があるので色々挑戦する価値あると思います。

最高に鮮度がイイ=魚の状態がイイ太平洋側のワラサ・ブリ、食べて確かめる価値あると思います。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー