失敗は成功の母、いつも成功している訳じゃない。

巣籠だから・・・・・、休みの日はほゞ魚をいじっている。

昨日は冷凍庫掃除のため、冷凍されたヤリイカを使って夕飯のおかず。

定番はイカと野菜を使った煮物なんですが、我が家では人気がない。

イカフライ、揚げると油跳ねで危ないし、台所が汚れる。

この際、初めてのことに挑戦しようかなと思いレシピを検索。

「イカのさつま揚げ」、かなり面白そう。

家にある食材である程度充足り、買い足す分も少なくて済む感じです。

今まで何でもレシピを読めば、ある程度のレベルのモノ自分で作れると自信があったのに・・・・・。

それは過信でした。

しかし、こんな結末になろうとは夢にも思っていなかった。

フライパンで揚げたら、大失敗。

具材同士の繋ぎが悪くまとまらないため、バラバラ状態になってしまいました。

何とかリカバリーしないとマズイ。

急遽片栗粉と卵を加えて繋ぎ強化、揚げる鍋もかえてみた。

出来栄えは?????

表裏3分30秒ずつ計7分揚げて、表面はこんがりキツネ色。

しかし中は、生ではないが完全に火が通っている訳でもない。

例えると、タコ焼きの中身みたいでどこか微妙。

正解がハッキリ捉えられていないので迷走?これまた微妙。

やっぱり「餅は餅屋だ」と痛感しました。

懲りない小父さんは諦めません。

次はシログチや鯛を使って再挑戦してみようかな。

その前に、横浜の手造り練り物、㈱石橋の中村さんにさつま揚げの作り方ヒントを聞いてみようかな。

追伸

出来栄えは悪いけど、味は素材が良いからそこそこ。

大人は生姜醤油、子供はマヨネーズで食べていましたが完食。

予想外の反応に、直球・王道=保守的に守り過ぎては駄目だと実感させられた。

たまには変化球も投げないと駄目なんですね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー