トピックス

小さいけど神奈川県産アジが入荷、海はもう春?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風さえ吹かなければ・・・・・。

日中の日差しはもう春?と感じてしまう今日この頃。

海も少しずつ変化してきたのか、横須賀は長井水産㈱、横浜市漁協小柴、そして富岡よりアジが入荷しました。

アジと言っても小アジと区分評価されてしまうサイズです。

しかしアジは夏の魚ですから、今の時期でこのサイズなら良しとすべきです。

気持ち少しずつではありますが、鮮魚課のアジ職人小島社員の周りにアジが集まってきています。

そしてアジだけじゃなく、

月曜日生わかめ

火曜日茎わかめ

そして本日メカブが入荷して、

わかめ三役の揃い踏みです。

海には一足先に春が近づいているかも。

横浜市場の売りの一つ、平塚市漁協の定置網漁『追っ駈け』。

早く日海丸、川長 三晃丸の二船揃い踏みも早く見たいものですね。

追伸

生わかめは(今回は茎わかめです)、熱を加えると色が激変するのでご紹介します。

生の状態

茹でた状態

一般的に生わかめは、軽く水洗いしたのち一度湯に通して(茹でてから)から食べますが、通と言われている人はそのまま食べても美味しいそうです。

ちなみに私は、納豆に刻んだ茎わかめを混ぜて食べました。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー