小森社員もニヤリ、松井水産(ヤマツグ)のボイルほたるいか。

とうとう富山県から新物がやって来ました。

富山県のホタルイカ漁は3月1日が解禁日。

昨年初日の水揚げが1.5㎏だったのが、今年は約365㎏と纏まり「大漁」との声があがったそうです。

と言うことは、目の前にあるホタルイカは正真正銘「新物」になる訳です。

そして特種相対品課小森社員のセリ場で、あるマークが印刷された箱を見つけてしまいました。

すると、小森社員と私の目線が合って「ニヤリ」。

小森社員が「見つけちゃったね」と一言、私もその言葉に軽く頷いてしまいました。

富山滑川の「松井水産(ヤマツグ)のボイルほたるいか」です。

横浜の水産仲卸横浜丸栄水産㈱細谷専務から、「美味しい」と言う情報を頂いたのが4年前でした。

その時「松井水産(ヤマツグ)のボイルほたるいか」を食べた衝撃は、今でも鮮明に頭に焼き付いています。

それ以降何度もホタルイカを食べてきましたが、やっぱり行き着くところは「松井水産(ヤマツグ)のボイルほたるいか」になっています。

茹で方に秘密あり!

他のボイルホタルイカよりもふっくら仕上がり、旨味が小さなホタルイカの中に充満、しっとりとしてるけど水っぽくないんです。

美味しい、美味しいと言い過ぎると、美味しいの大安売りしているみたいだけど、美味しいモノを紹介しているので仕方がありません。

初日は大漁、コンスタントに水揚げが続けば価格も下がる可能性が生まれます。

今がチャンスかも!?「松井水産(ヤマツグ)のボイルほたるいか」絶対に食べて試してみる価値あります。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー