小鳥のサエズリ?鯨の舌です。

今日も当たり前のように、市場は普通に開いています。

しかし昨日から社員(契約社員・パートも含む)の交代制在宅勤務が始まり、社員全員が出勤している訳ではありません。

集荷される鮮魚が少ないと冗談を言う仲卸もいますが、現在の周辺環境を鑑みるとやむを得ないことだと思いつつ、「すいません」と頭を下げている自分がいます。

卑屈になっている?ただ「すいません」と謝ってしまう癖がついているんだと思う。

ちゃんと良いモノ入荷してますよ、今日は高級な「肉」。

「肉」しかも「生肉」、哺乳類なので「肉」が相応しい鯨=ミンククジラです。

㈱鮎川捕鯨の発泡スチロール箱を覗くと・・・・・、どう見ても「肉」でしょ!

このミンククジラは三陸南部沖で捕獲されたモノで、捕獲されてたった4日しか経っていません。

鮮度は抜群、良い色しているはずです。

各部位ごとに箱詰めされている鯨。

アバラ、

鹿ノ子、

赤身、

そして何これ?

色は乳白色で触感はプリンプリン、この弾力は「おっぱい?」

違う違う舌、サエズリです。

どうやって食べるのか?

あまり関東地方では馴染みがありませんが、「関西・大阪おでん」には欠かせない存在だと聞いています。

そしてなんと刺身、生食でもイケるそうです。

サエズリを食べたヒトにその感想を聞くと、ぷるんぷるんとした独特の食感、鼻を抜ける何とも言えない風味、ミルクのように甘い味わいは・・・・・・。

チョット、いいえかなり興味が湧いてきました。

古くから日本人の重要なタンパク源であった鯨、疲れ切った今の日本人を救うのはこれかも。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー