トピックス

少しづつサイズダウン?平塚のワラサ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課安達社員がセリ場に放水している。

もしかしたら、また何か来るのかも。

そしてその予想が的中、昨日に引き続き連続2塁打!

平塚市漁協の定置網『日海丸』より、ワラサがまとまって水揚げです。

その数なんと、75本。

作業の手際の良さは当社のセールスポイント。

誰かに指示されることなく秤が準備され・・・・・、言葉なくても、やるべきことは皆理解しています。

目くばせだけで各々の役割を伝え、黙々と目方を計る人、手板に重さを記載する人、重さ毎にパレット並べる人がテキパキと作業を進めます。

入荷毎にサイズが気持ちダウンしているかも。

しかし、『馬鹿と鋏は使いよう』と言いますが、十分でないモノでも、上手く活用すれば、十分にその能力(潜在力)を発揮できるのです。

『神奈川県産』、『地魚』、『朝獲れ』、『鮮度抜群』等、商品価値を上げる要素はたくさんあります。

ワラサのレシピもアレンジ次第で、何通りにも変化します。

論より証拠、出来れば近いうちに1尾買って食べてみましょう。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー