トピックス

岩手県から定置のマサバ、マツダイが入荷してますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、あまりサバを見かけなくなりました。

特種課には蓄養のマサバ、鮮魚課には天然のマサバ、共に岩手県石巻港、大船渡港から出荷されています。

なぜサバが少ないのか、鮮魚課佐藤社員に聞いてみました。

佐藤社員の話では、今日入荷している天然のマサバは、定置網漁で捕獲されたもの。

定置網漁では漁獲量に限りがあり、まき網漁が本格的に稼働しないとマサバの出荷量は増加しないそうです。

う~ん、プロの言葉は重い。

そして同じ定置網漁からは、当市場でもかなりお馴染みの存在になった『マツダイ』が入荷しています。

相模湾から黒潮に乗って北上したんでしょうか?

これだけ頻繁に見かけると、何も感動する気持ちが湧かないのが不思議です。

慣れって怖いですね。

『マツダイ』も一度は試しに食べてみたい魚の1つです。

仲卸の㈲横浜金重水産の芥川社長は、活け〆された『マツダイ』の尾っぽの断面を手で触りながら、脂を感じると一言。

平らな魚なのと、頑丈なウロコはかなり気になります。

もっと魚の捌き方の腕前が上達したら、是非挑戦したい魚です。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー