平塚の追っ駈けに「湘南カツオ」登場です。

何となく時が経つのが早い気がする。

もう明日から9月なんて、全て新型コロナウイルスの影響なの?

久しぶりに平塚市漁協の定置網・追っ駈けの魚が入荷しました。

そしてやって来ました鰹(カツオ)、「湘南カツオ」がやって来ました。

少し小振りの1.5~1.8㎏が中心サイズで、1尾でもお手軽価格です。

追っ駈けの「湘南カツオ」、自宅の目の前にある相模湾で水揚げされたモノですから外す訳には行きません。

セリの様子を見学しつつ、誰が落としたのか要チェックです。

いつも勉強させて頂いている仲卸の㈲元初商店がセリ落としたので、1尾譲ってもらいました。

(※譲ってもらいましたと記載しましたが、ちゃんとお金払ってますよ。)

知ったかぶりで脂ののり云々と㈲元初商店大菊社長に質問すると、脂なんて問題じゃないんだよと一言。

あなたが美味しそうだと思うものを買えばイイだと話してくれました。

そして徐に、その場でカツオをササっと捌いてくれました。

さすが親分肌の大菊社長、粋な計らいに感謝です。

正直な話、お世辞にも脂があると言いずらですが、何より追っ駈けの魚は鮮度が抜群です。

地産地消、今回の最大の目的は相模湾のカツオを喰らうこと。

脂はあればラッキー、ついてるねって感じかな。

獲れたてのカツオはとてもジューシーなはず。

複数日かけて、少しずつ熟成させて食べるのも面白そうです。

自宅に帰ってカツオを捌くのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー