トピックス

平塚市漁協の定置網、どうやら網の調子が良いみたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日で2018年度3月期も終了です。

今期を締めくくるように、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸の2船より『追っ駈け』の新鮮鮮魚が到着しました。

相模湾も本気を出してきたのか、明らかに出荷される魚の種類と量が増えてきました。

カマス、アジ、サバ、そしてワラサ。

どうやら両船共に定置網の網をリニューアルし、その網の調子も良いそうです。

午前5時36分に『追っ駈け』の魚が入荷されたアナウンスが場内に流れます。

その案内を聞いた仲卸、買参人は、横浜丸魚側のセリ場に集合します。

そして、厳しいプロの目で目利き開始です。

頃合いを見て追っ駈けのセリが開始、鮮魚課佐藤社員の声がセリ場内に響きます。

そして、横浜丸魚必殺技「移動ゼリ」です。

午前6時前は、市場人にとって一番忙しい時間帯。

量販店や鮮魚専門店への商品配送準備など、一分一秒が惜しいんですが、『追っ駈け』だけは別物。

鮮度の良い魚を仕入れるために、これだけの人が集まる横浜市場の名物です。

そして、あっと言う間に全ての魚たちがセリ落とされていきました。

来週から新年度4月がスタート、引き続き日海丸、川長三晃丸の追っ駈けお願いします。

追伸

こんな珍客も・・・・・。

3.7㎏のトラフグです。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー