悪いけど、新子は子供には食べさせられない。

横浜市場に今年お初の登場。

「新子」、季節限定の高級寿司ネタで有名なんですが・・・・・。

あまりに高級過ぎて、口にしたことがありません。

おそらく量販店は勿論、鮮魚販売を生業にしている専門店でも店先に並ぶことはない品物です。

こんな小さな魚が?と誰しもが思って当然です。

特種課岡社員から頂いだ情報によると、佐賀県での新子初ゼリでは、1番槍がキロ当たり10万円を超えたそうです。

キロ10万円で1箱4㎏入れ、200gの小袋が20個だから、なんと1袋2万円。

実際横浜市場ではキロ10万円はしないものの、1万円は下らない相場で取引されています。

う~ん、新子に価値を見出せない。

200gでは、正直空腹は満たされない。

何か「新子」をディスっているみたいに聞こえるけど、育ち盛りの娘たちが食べるモノではないですね(笑)。

「新子」は大人の食べ物。

私も早く量より質を重視したいと言ってみたいです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー