愚痴るつもりはないけど、市場人は辛いよ。

傍から見ると、一見何も変わらず市場は開いているように見える。

でも新型コロナウイルス禍の前後では、明らかに変わっているのです。

その変化に気づいているのは、現場で働いている人だけかもしれません。

開設者の長や政令指定都市の長は、「食の台所」がどうなっているのか気にならないんですかね?

私がその立場だったら絶対に市場に行って、歩いて、見て、聞いて、色々考えると思うけどね。

もう止めよう全て「愚痴」になってしまうので・・・・・。

今何か出来ることはあるのか?

セリ人だったら、出来るだけ高値に競り上げる。

営業担当は季節感のある商材・旬の鮮魚を仕入れ、そして売り尽くす。

当たり前のことを1つ1つ積み上げること。

自分の役割を果たす「Do  My Best 」、それそれの立場で最後まで諦めず頑張るしかない。

日毎に仕入れに来場するお客様の数が減少している。

業務筋が太いお取引先の仲卸業者は、顔色が悪くなっている。

何処かの映画のセリフじゃないけど、「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きている。」です。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー