早くも佐渡ブリ入荷しました。

特種課のセリ場で良いモノ見つけた。

ピング色の発泡スチロールに入ったモノなんですが、鮮魚を扱う市場関係者なら箱だけで中身が何か分かるはずです。

答えはブリ、産地は佐渡です。

寒鰤(かんぶり)シーズンの到来を知らせるのが、この佐渡ブリなんです。

そして12月上旬には青いの発泡スチロールもやって来るので、それも待ち遠しいことです。

ところで、この記号みたいなもの何て読むのか分かりますか?

「いち・やま・と」いわゆる屋号あだ名みたいなモノで、、本当の会社名は「小池冷蔵」です。

写真のブリ、腹の部分の氷が外されているでしょ!

仲卸、売買参加者は、自分の五感・目利き力を駆使して魚を選んでいるんです。

選ぶ魚は何でもイイ訳じゃなくて、お客様のニーズにあった重さ、大きさの魚を選んでいくのです。

勿論ですが、鮮度がイイのは当たり前、言うに及ないことです。

さすがに今日の今日、佐渡ブリを捌いて店頭に並べる仲卸をいませんでした。

しかし、知床羅臼産のブリの半身を㈱伊勢三で発見。

おそらくですが、佐渡ブリも同等レベルの脂のっていると想像します。

嗚呼、佐渡ブリ食べてみたいですね。

しかし半身でも云万円する佐渡ブリ、今の状況下で私に買う勇気がでないですね。

でも刺身や塩焼き、ブリ照りをイイ魚で食べたいな。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー