トピックス

旬のイサキ、食べてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イサキの美味しい時期になりました。

横浜市場は中央卸売市場なので、全国各地からイサキが出荷されて来ます。

長崎県、愛媛県、静岡県、そして地元神奈川の平塚市漁協の定置網。

氷締めされたものや活け締め、活けの状態のモノまで様々です。

この場で何度か紹介しているイサキ。

現在のイサキの状態を知りたくて、先週の土曜日に、小田急町田店の鮮魚売り場でイサキ3尾680円で購入してみました。

鮮度抜群で、エラが良い色しています。

さて何にするのか?

頭に思い浮かんだのが定番の塩焼き、どちらかと言えば夕飯ってイメージかな。

そして日曜日の昼食に合うレシピはないかと、スマホで調べて新しいメニューに挑戦することにしました。

イサキとポテトのオーブン焼き(ダッチオーブン風)、作業が簡単で、たくさんの野菜と魚を楽しめるものです。

早速イサキの下拵え。エラと内臓を取り除くため魚に包丁を入れてみると、メス2尾とオス1尾でした。

イサキは形の大きな1尾だけを使い、残りの2尾は塩焼き用に処理しました。

オーブン焼き(ダッチオーブン風)なので、適度に水気が飛んだ状態を想像していたのですが・・・・・。

トマトから予想以上の水分がでたため、アクアパッツァみたいな仕上がり。

失敗は成功の母、失敗したけど美味しく出来たので娘たちに許してもらいました。

次はこの失敗を糧に、レシピに載ってる出来栄えに近づきたいと思いました。

あっ、そうそう私から伝えたいことがあったのですが、イサキの卵持ちってどうなのか?

今日、塩焼きで食べるので身質の良し悪しは確認出来ますが、様々なハーブや調味料等を使い煮たり焼いたりすると微妙な判断は厳しいかも。

でも、身肉はジューシー、皮と身の間に程良い脂を感じることが出来ました。

元来、イサキの卵持ちは身質を落とさないと言われていますが、そんなことはないと言う人もいます。

どちらが正しいのか、本当の答えを出すためには、もっと魚を食べないと駄目ですね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー