トピックス

最近アオリイカの入荷多くないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期横浜市場で烏賊と言うと、東京湾のコウイカ=スミイカが代名詞的存在でした。

しかし、最近違う烏賊を良く見かけるんです。

それは高級食材のアオリイカです。

私の勝手な思い込みでは、梅雨時期から初夏にかけて鎌倉・小坪から出荷されてくるものだと・・・・・。

そう言えば、先日訪問したJF横須賀市大楠漁協でも水揚げされた姿を見かけたな。

今日は活けのアオリイカ、活け締めされたアオリイカ等々。

㈱ムラマツの店舗では、村松社長が活け締め中。

そしておさかなマイスターの村松社長に、アオリイカの旬の話しを聞いたら・・・・・。

数多く獲れる時期と、食べて美味しい時期みたいなものだと説明してくれました。

実は日本は南北に長い国土、気温も海水温も沖縄と北海道で違うように、その土地土地で微妙な差異を生じるのです。

この時期通常は浅場から深場に移動するアオリイカですが、海水温が高いためそのまま浅場に居付いているところを、湾岸の定置網漁で捕獲されるんでしょうね。

逆に村松社長から私に質問!

アオリイカはどうやって食べたら、美味しく食べることができるのか?

私の答えは『刺身』、当たり前過ぎてつまらないと村松社長に言われてしまいました。

村松社長曰く、焼いたり、フライにしたら最高に美味しいそうです。

でも、私にはアオリイカを焼いたりフライにする勇気が全然ありません。

そんなに数多く食べれる烏賊じゃないので、勿体なくて駄目ですね。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー