東京湾の「春タチ」大量入荷しました。

周辺が騒がしい。

いつもとセリ場の様子が違います。

特種課のセリ場に大量の・・・・・。

えっ?旬でもないけど、大振りの太刀魚が50本を超えて小柴・本牧から入荷しました。

釣り人の間では、今の時期の太刀魚を「春タチ」と呼ぶそうです。

東京湾で太刀魚と言うと、夏と秋冬がトップシーズンのイメージがあります。

でも今年のような暖冬が続くと、海水温も高く、季節感も1ケ月はズレていると感じます。

春タチの襲来なのか?

極端に量が多いとセリ値にも影響を与えるので、手放しで喜んでばかりはいられない。

単純に獲れ過ぎただけかもしれません。

でもほかにも理由がありそうです。

答えを出すのは、明日のセリ場の様子を見て判断しよかな。

これだけ入荷したら、太刀魚買わない選択肢はないでしょう。

仲卸の浜喜水産㈱で1尾0.75㎏を購入、値段は内緒です。

久々、塩焼きでたべたいな。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー