トピックス

松山、松井、松下?いいえ松川、マツカワガレイです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人の苗字みたいな魚を紹介しちゃいます。

松山、松田、松下、いいえ松川(マツカワ)、マツカワガレイです。

正直に言いますと、私は当社に入るまでマツカワガレイの存在を知りませんでした。

それもそのはず、町の魚屋さんやスーパーなどの量販店に並ぶことのない高級食材なんです。

キロ当り取引値はおそらく、カレイの中で一番高いと思います。

しかも普通のカレイに比べて大きくて重い、だから1尾10,000円なんてざらにあります。

実は私、マツカワガレイは食べたことあるのですが、素人が手を出してはいけないモノでした。

兎に角、素人が見よう見まねで捌ける魚ではありませんでした。

でも王道の食べ方『刺身』で頂きましたが・・・・・。

これカレイなの?

見た目が非常にキレイ、分厚い白身を噛んでいると、食感・旨み・甘味を感じることが出来ます。

かつては北海道沿岸で大量に水揚げされていたマツカワガレイですが、近年はその数が減少し「幻のカレイ」も呼ばれています。

そのため個体維持のため獲るサイズを決めたり、人工ふ化した稚魚を放流する活動をしているそうです。

次ぎにマツカワガレイに出逢ったら、絶対にプロの職人にお任せして捌いてもらいます。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー