トピックス

松輪のカンヌキ、魚のレベルが違う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『やった、今日の記事はこれだ!』と決定打的存在の魚を鮮魚課小島社員のセリ場で発見しました。

しかも松輪漁協より出荷されたサヨリです。

魚を見なくても、魚を知っている人ならば、通常の値段じゃないと容易に想像できます。

発泡のケースをみるとサヨリじゃなくて、青字でカンヌキ表示されています。

えっ?!デ、デカイ。

普通サイズじゃない、超特大サイズのサヨリです。

サヨリは漢字で書くと『細魚』『針魚』と書きますが、今回紹介しているサイズはカンヌキ=閂と呼ばれています。

閂と言う漢字は、実に上手く「カンヌキ」を表現しています。

カンヌキとは、門扉や戸を閉める際に使用する横木=つっかえ棒のことです。

つまりは、このサヨリはそれだけ太いと言うことです。

そしてサヨリの嘴にも注目!

嘴の先端がキレイで鮮やかな朱色していますよね。

これは鮮度が良い証拠なんですよ。

さすが松輪漁協より出荷されてきたカンヌキ、ちょっと普段使いは難しそうです。

さて、このカンヌキ1箱で春鰤が何本買えますかね?

ちょっと怖くて正解言えないです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー