トピックス

松輪のサワラで漬魚は勿体ない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日から3日間はお盆休みで、市場もやっていません。

と言うよりも、出荷者が出漁していないので魚も届きませんし、加工品等もメーカーの製造ラインを止めるので同様です。

そして午前4時の段階で、セリ場の何処を見てもアジはいませんでした。

予約販売だけで既に完売だそうです。

そんなことになると想定して、土曜日のうちにネタ仕込んでおきました。

鮮魚課小島社員のセリ場で販売されていたサワラ(鰆)、しかも松輪のサワラを買っちゃいました。

値段聞きたいでしょ、三枚に下ろされた下身なので1kg当り1,300円で購入しました。

ずっと魚の状態を見ていたので・・・・・、値段の交渉もしちゃいました。

そして松輪のサワラを使って作るのは、西京漬けです。

味噌は、㈱西京味噌の『西京 白みそ デラックス』。

日本酒は、『一ノ蔵 特別純米酒 辛口』。

ともに近所の西友で購入しました。

漬魚は作るの簡単ですので、余った切り身をジップロックなどで挑戦してみて下さい。

①サワラに軽く塩をし、旨味を魚の中に閉じ込めます。

②水気が出たらキッチンペーパーで拭き取ります。

③味噌3、日本酒3、味醂3、砂糖2の割合で、漬ける汁を作ります。

④バットの下に漬け汁を敷き、その上にサワラをのせ、再度上から漬け汁をかけてサンド状にします。

⑤乾燥防止のためにキッチンペーパーを被せ、冷蔵庫で寝かせて出来上がりです。

漬ける時間は4~5日そのままにしたいのですが、漬けたその日に食べてもイイと思います。

漬魚は作るのは簡単ですが、焼くのが非常に難しいです。

お盆休み明けにお披露目するので、それまでにYou Tubeで研究しておきます。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー