松輪サバ、魚が好きな人はどうしても気になる。

今セリ場を歩いていて、地元神奈川のアジが良くなってきたと思っていたら、他にも良い魚がいました。

その魚とはマサバのことです。

やっぱりこのサバを見ちゃうと・・・・・、誰もが食べたいと思うはず。

一際キラキラ輝いているのは、地元神奈川のプライドフィッシュにもなっている松輪サバです。

なぜか金色に輝いているんですよね魚体が・・・・・。

そして釣ったサバに手を触れない。

なぜかって?魚が人の体温で火傷しちゃうからです。

それぐらい魚を大切に扱っているので、市場に出荷されていても松輪の魚は、魚が本来持っている滑りが残っているんです。

なぜ滑り、腐っているの?

ウロコが柔らかもしくはない魚は、自分の身を守るために滑りを出しているんです。

自然界って凄いですね。

これは松輪のサバを買わないといけないと思い、仕入れた仲卸に足を向けると・・・・・。

ありました㈲元初商店に、そして追っ駈け平塚定置のサバも。

せっかくだから松輪と平塚食べ比べたら?と大菊社長からナイスな提案を頂きました。

これで月曜のネタも確保出来ました。

平塚の追っ駈けのサバもかなり良くなって来ています。

明日は何にしようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー