桁違い、145.3㎏の沖縄産本マグロは秀逸。

今朝営業一部の木村部長から、沖縄から100㎏超のマグロが入荷した情報を頂きました。

早速大物低温の中に入ると・・・・・。

デッ、デカイ!

100㎏超って正式には何㎏なのか確認してみました。

その重量145.3㎏。

隣に並んでいる養殖本マグロは70㎏台ですが、145.3㎏と比較すると霞んでしまいます。

天然でこんなにコロッと太っている本マグロに、久々出会いました。

尾切りした状態をみると、赤身と脂ののったトロの部分が見事にハッキリ分かれていることが確認出来ます。

ちなみに隣に並んでいる養殖モノは、ご覧の通りです。

人工的にイイ餌を与えられているので、マグロ全体が脂ノリノリです。

どっちが良いのか悪いのか?マグロに優劣つけれないですね。

食べる人の好みと個々人の懐具合に因りますから。

でも当社大物担当の柴田社員がこの本マグロをみて、久々出会えた秀逸な1尾と称していました。

おそらく今週末(2019.5・12)の母の日イベント用に出荷して頂いた沖縄の本マグロ。

市内の有名百貨店や高級鮮魚店の店先に並んでいる可能性ありますよ。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー