梅雨には早過ぎ、でも鰯がとても良い。

今が旬なの?と聞きたくなるほどいい魚体です。

石川県七尾市、島根県境港市から出荷されてきたマイワシのことです。

マイワシの産卵期は12月から7月とかなり長く、最盛期は2~5月と呼ばれている。

産卵を終えたマイワシは・・・・・、やせ衰えて食べれたモノじゃありません。

しかしマイワシは自分の体力回復のため、次の産卵のためにモリモリ餌を食べて丸々太って行くのです。

ちょうど産卵から2~3ケ月経過した6月、梅雨鰯に例えられる素晴らしい魚に大変身するのです。

さすが梅雨鰯と言うには時期早々。

腹を割って確認していないので何とも言えませんが、早い時期に産卵を終えて数か月経過した個体なら100%身肉を堪能出来ます。

見ていて全く飽きの来ないマイワシ。

鮮度が良いので刺身が良いかな。

それとも塩焼きや煮付け、つみれを作って味噌汁や鍋も良いかも。

今のところコンスタントに水揚げが進んでいると言う情報が入っています。

お手頃価格で入手が出来て、食べても美味しいマイワシは庶民の財布の味方です。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー