トピックス

活けのイシダイは相模湾の定番品。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年お初の登場、平塚市漁協の定置網『川長 三晃丸』の追っ駈けです。

今まで休漁中だった訳ではありません。

水揚げされる魚が横浜市場に出荷出来る(=お金のなるもの)モノじゃなく、地元販売や周辺他市場に持ち込まれていたそうです。

横浜市場への出荷には、運賃、人件費、ガソリン代、高速代など掛る経費等を考慮すると、ある程度の売り上げ確保は必須条件となります。

そのため当日の水揚げ状態を当社鮮魚課佐藤社員と、㈱平塚魚市場の宇田川社長・土方取締役と連絡をしながら出荷有無を決めています。

今日は箱モノはなく、活けモノのみの入荷となりました。

しかも神奈川県の冬のプライドフィッシュにも選ばれているイシダイが中心でした。

以前にもこの場でご紹介しているように、相模湾では定期的にイシダイの稚魚を放流しているお蔭で個体数も豊富です。

横浜市場がある神奈川県では、今の時期のイシダイが脂ののり、味、香りが良く美味しい旬との認識が強いのですが夏の時期とする説もあります。

昨年は散々だった相模湾、今年は豊漁を期待しても大丈夫ですかね?

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー