深海魚?ソコアマダイって知っていますか?

ちょっと見慣れない魚だなと思いつつ、ある仲卸店舗をスルーすると・・・・・。

なんだ写真撮っていかないのか?と社長がわざわざ声をかけてくれました。

その仲卸の社長とは、㈱ムラマツの村松社長です。

そして見慣れない魚とは、ソコアマダイと言う魚です。

どんな魚なんですかと質問すると、㈱ムラマツの小林さんからは、ヒゲダラとアマダイの中間みたいな感じかな。そして、メヌケ釣りの外道でかかる高級魚と言う情報も入手しました。

ネットでソコアマダイを調べると、ヒゲダラの仲間でもなければ、アマダイの仲間でもないようです。

さすが深海魚、見事に目が飛び出し出目金状態です。

そして、㈱ムラマツの村松社長からはスペシャルプレゼントを頂戴しました。

それがこちら、

滅多に見れないヒゲダラ、ソコアマダイ、アマダイの集合写真。

これだけの魚を直ぐに用意出来るなんて、㈱ムラマツの品揃え恐るべしです。

さて肝心のソコアマダイの特徴ですが、アマダイの身のように若干水っぽいようです。

しかし焼いて熱を加えると皮目に甘みが出て、身は程よく水分が抜けて美味しくなるそうです。

そして、煮付けや汁モノにすると、イイ出汁が出るのでおススメだそうです。

ソコアマダイは入荷量がまとまる魚ではないので市場でも貴重な存在。

もし見かけたら、皆さまにも食べて頂きたいし、私も食べてみたいです。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー