生筋子、買うべきか買わざるべきか、それが問題だ。

今年は水産王国北海道で異変が起きている。

バフンウニや鮭の大量死。

おそらく海水温の上昇に伴い北海道では発生しない赤潮が、発生したと推測されます。

と言うことは、不漁が続く鮭漁に大きなアゲインストの風が・・・・・。

鮭が獲れないと、その子供=イクラがあるはずがない。

恐る恐る鮮魚担当の関口社員に相場を聞いてみたら、キロ当たり2~3千円は高くなっています。

※1㎏だいたい7~8千円くらいで取引されています。

5千円札1枚で、どれだけの生筋子買えるんでしょうか?

嗚呼この調子では、手作りイクラの醬油漬けを今年は作れそうにないかな。

だったら、とびっこ(トビウオの卵)かマスコ(鱒の卵)。

でも無添加の本物の味を知ってしまった今、かなり贅沢な話だけど既製品には少し抵抗があるかな。

買うべきか、買わざるべきか、ハムレットばりに悩んでしまいます。

名実ともに「海の宝石となったイクラ」、寝ても起きても悩みは尽きません(苦笑)。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー