トピックス

畔蛸の岩がき、ブランド認定される理由がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種相対品課北村社員のセリ場で、ブランド品を発見しました。

ブランド品?

そうです三重ブランド認定品『畔蛸の岩がき』です。

牡蠣と言えば冬と言うイメージをお持ちでしょうが、冬の牡蠣はマガキ。

『畔蛸の岩がき』夏がきと呼ばれる夏が旬の牡蠣です。

出荷は4月~7月が最盛期、すると目の前にある『畔蛸の岩がき』は走りと言うことになります。

ブランドの証は、牡蠣1つ1つにつけられた『あだこの岩がき』のタグです。

ちょっとプレミアム感ありありで、インスタ映えしますかね(笑)。

外見だけじゃなくて、中身も凄いのが『畔蛸の岩がき』

的矢湾・伊勢の海を知り尽くした畔蛸町の漁師が、天然採苗によって養殖をしています。

そして、温暖で植物プランクトンが豊富な的矢湾での養殖は、日本海側より1年以上養殖期間が短縮できるそうです。

その結果、養殖期間が短い『若牡蠣』のため、「甘みが強く」「ふっくらとした」「くせのない」牡蠣が完成するそうです。

美味しそうだからと言って、慌てては駄目、怪我しますよ。

岩かきの貝剥きはマガキよりも危険を伴いますので、落ち着いてお願いします。

『急いては事を仕損じる』ですからね。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー