トピックス

福岡芦屋の『旬鰆』、かなり美味そうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課小島社員のセリ場で、面白い光景を見つけました。

尾鰭が発泡ケースから飛び出しています(笑)。

偶然じゃなくて意図的出してますね、だって発泡ケースの形状がそうなってます。

そして表に回ると、赤クレヨンで大成 JF遠賀 福岡芦屋産 旬鰆のシール。

さすが㈱福岡大成の扱うサワラ、ちょっと違いますね。

3kg台が中心なので決して大振りとは言いませんが、魚体がしっかりしてバキバキのサワラばかりです。

私が個人的に気になっていたのが『旬鰆』、ブランド魚だと思い即座にスマホで調べてみました。

すると平成26年度から始めた「浜の活力再生プラン」の一環で、市場ニーズを満たしたサワラの取扱いを開始。

一本釣、活〆、血抜き、水氷等と他産地との差別化を図るため努力を重ねて、今年で5年目の挑戦となっています。

そしてこの漁協認定のシールを貼ることで、『旬鰆』のブランドをアピール中です。

当社も『旬鰆』をこのようにHPで紹介することで、もっと魚の価値が向上するお手伝いが出来ればと思います。

1年の中で2度旬があるサワラですが、今年は1年を通して良いサワラの出荷が続きました。

応援するためには、実際に食べてみること、捌いて身肉を紹介するしかないですね。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー