トピックス

育メン魚、ゴッコ(ホテイウオ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課北海チームのセリ場に、黒い物体が・・・・・。

市場にいれば全容がわからなくても、察しがつきます(笑)。

その正体はゴッコ、青森県からオスとメスが入荷しています。

市場ではゴッコ、ゴッコと呼んでいますが、正式名=標準和名はホテイウオと言います。

見た目、七福神の布袋尊みたいにふくよかで、その姿を想像させるからですかね。

今回は、愛称ですが「ゴッコ」と呼びたい思います。

このゴッコ、実はNHK総合日曜夜7時30分から58分に放映されている『ダーウィンが来た!』で、つい最近(2018年1月21日)紹介されました。

とてもユニークな容姿に反して、育メン魚として紹介されていました。

ゴッコは3年魚で、メスは産卵が、オスは受精そして受精卵が孵化するまでがメインイベントです。

メスのゴッコは、産卵後絶命。

オスのゴッコは、受精卵を1ヶ月近く飲まず食わずで守り続けます。

そして孵化、新しい命の誕生と引き換えに、オスは絶命するそうです。

そんな番組を見てからのゴッコとの出会い、勝手に思い入れだけが膨らみます。

実物のゴッコを見て少し笑ってしまいました。

オスとメスで大きさが全然違うんです。

・オス

・メス

そんなこと言って人間は『ゴッコ』を食べちゃうんだから残酷ですよね。

どうやら、ゴッコ汁が堪らなく美味しいらしいですよ。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー