トピックス

見て、食べて美味しいジャンボ牡丹エビ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凄い奴を特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。

北海道増毛町の㈱遠藤水産より出荷された『ボタンえび』しかも『ジャンボ』

市場ではボタンエビと呼ばれていますが、正式名称は『トヤマエビ』

(実は正式名称がボタンエビと呼ばれているエビが、別途同じタラバエビ科タラバエビ属にいるのでご注意下さい。)

どうです『トヤマエビ』あっ牡丹の花だ!

さすが牡丹は「花の王様」に喩えられるくらい風格があり、高貴で、壮麗。

その姿を見ていれば、言葉はいらないですね。

ちょっと大きさの比較がしたくて、ジャンボと中を並べてみました。

手に持った画像から、大体の大きさを推定すると20㎝はある超大物です。

当然値段も超大物で、昨日ブログに掲載したサクラマスのキロ単価で約2倍、ノドグロ=アカムツと同じくらいの水準に位置してます。

よ~く見ていると、鮮度が抜群に良いので手足が動いていることも・・・・・。

一般的には、普通の人が目にする場所には売っていないし、そうは簡単に出逢えない食材です。

お気楽に、そして無責任に食べて下さいと言えない「ジャンボボタンえび」、優秀な秘密工作員でも雇って入手を試みようかな(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー