追っ駈けのカワハギは肝パン?!

久々平塚の追っ駈けを見る時間が出来た。

チョット入荷して来る魚が変化して来ているみたいです。

相模湾は少し強めの風が吹いていたため(=時化)、ショッコが纏まって入荷。

ショッコと言っても可愛いサイズではなく、鰤で言ったらイナダ位のサイズに成長したモノです。

これぐらいのサイズがあれば、捌いて良し、食べて良しのジャストサイズ。

でも今日私の心を一番揺さぶった魚は、ショッコじゃなくてカワハギなんです。

どうです腹の膨らみ。

浮袋?それとも肝なの?

疑り深い私は、誰がカワハギをセリ落としたのかチェック。

セリ落とした㈲元初商店大菊社長に直接聞いちゃいました。

するとさすがに実物を捌いて見せてはくれませんでしたが、目利きのプロが失礼なこと言うなよと冗談で半ギレ(笑)。

さすが魚は然るべき人が見れば、分かるんだなと感心。

追っ駈けのカワハギは鮮度が抜群で美味しい。

そしてパンパンに膨らんだ肝を、醤油で解いて作った「肝醤油」で食べる刺身は、これまた秀逸なものです。

脂肪肝の私が肝醤油では、共食い?

でも適量ならば良いですよね、許してください。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー