追っ駈け川長三晃丸は、イカ祭り。

今日は私も思わず購入してしまった逸品を紹介します。

それは平塚市漁協の追っ駈けのスルメイカとヤリイカです。

どうですか?ずらっと並んだ発泡の箱。

1箱に10杯、約3kg超のスルメイカが納められています。

川長 三晃丸の奥山さんの話しでは、獲ったスルメイカは活け〆処理してきたとのこと。

とてもキレイな体色していて美味そうです。

セリでの取引値の方は、大体1㎏当り1,000円(=1箱3,000円ぐらい)見当ですかね。

これなら自分で買って食べれるかな。

同じことを横浜市市場詰所のIさんも考えていたようです。

二人でセリ落とした仲卸を要チェックです。

 

しかし素人では手に負えない別格のイカが出荷されています。

それは活けのヤリイカ、セリ値は箱モノのスルメイカの3倍超です。

 

鮮魚担当のある社員は『イカの踊り食い』がしたいなんで言ってましたが、想像するだけで涎が出てきます。

やっぱり凄いな『追っ駈け』。

川長 三晃丸、日海丸、平塚市漁協、そして㈱平塚茅ヶ崎魚市場の皆さまのご協力があって実現出来ています。

今日は感謝を込めて、イカそうめんで食べたいと思います。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー