トピックス

鍋が恋しい子持ち助宗。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月が替わって9月になり、入荷して来る魚に変化が見られます。

今年は比較的落ち着いた雰囲気からスタートした秋刀魚、巷では1尾100円の声が久々聞こえてきました。

まさに季節は秋に突入しています。

そして秋を一気に飛び越えて冬にピッタリの商材まで登場、スケトウダラです。

しかもメス、オレンジ色に輝く真子=卵巣=タラコが美味しそうです。

私たちが「タラコ」と呼んでいるモノは、真鱈の真子ではなくスケトウダラの真子です。

真鱈の真子はこれ、

真鱈にはちょっと失礼かもしれませんが、見た目が悪いので食欲が湧かないかな。

そしてスケトウダラの真子と比較して、真鱈の真子はデカく、大味とも言われています。

㈲マルゲン水産の子持ち助宗は、ぶつ切りにしたスケトウダラで鍋にしたり、甘辛く煮付けると美味しく召し上がれます。

お隣の韓国では、スケトウダラのスープや鍋が一般的。

いつもの味に少し飽きたら、ピリ辛の鍋もおススメです。

どうぞお試し下さい。筆者もこの冬スケトウダラの鍋に挑戦したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー