トピックス

鎌倉漁協の烏賊は神々しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月になると、横浜市場のセリ場を賑わす出荷者がいます。

それは鎌倉漁協です。

鎌倉漁協から出荷されて来るあるモノが凄いんです。

あるモノ?それは烏賊です。

平塚市漁協の定置網のように活けで出荷される訳ではありません。

しかし出荷日当日に水揚げされた烏賊たち、今にも泳ぎだしそうなくらいイキイキしています。

烏賊がイイ状態と言うのは、色落ちしてなくて、色素細胞が活発に動いている状態です。

仲卸の方々は各々、目当ての烏賊を目視し、指で胴体を弾いて色素の反応等を見ています。

鮮度が落ちてくると、身に透明感がなくなり、色素細胞も動かなくなるんです。

当然、口にすることが出来れば最高ですが、見てるだけでもワクワクします。

なぜなんでしょうか?

それはいったい幾らで競り落とされるのか、皆興味があるからです。

折角食べることができるなら、プロの捌いた料理で頂きたい鎌倉漁協の烏賊。

見るだけでも神々しい、長生きしそうです(笑)。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー