トピックス

黄色い唇がチャームポイント?黄鯛(キダイ)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人的には携帯の待ち受けにしているほど、美味しい?

う~ん、どちらかと言えば見た目キレイだから選んだかも。

今日は、鮮魚課五十子社員のセリ場に並んでいる『黄鯛(キダイ)=連子鯛』を紹介します。

紀州は三重県引本の荷主『松永』さんより出荷されてきました。

やっぱり、人も魚も外見で判断しては駄目ですよね。

でも・・・・・、見た目は大事ですよね。

『鯛』の名にあやかった魚が数多いる中で、黄鯛は列記とした本家「真鯛」の流れを継ぐ「タイ科」の魚です。

と言っても、真鯛ほど大きくは成長せず、味わいも異なり、市場での取引値も違います。

しかし、その値段が幸いしているためなのか、干物やお祝いごと引き出物などに黄鯛は多用されています。

刺身、塩焼きなど素に近い状態で味わうと、真鯛と黄鯛では差があると言われていますが、私も判別に苦慮しちゃいます。

おそらく、鯛ばかり食べてないし、基本淡泊な白身。食べ慣れていないから、舌=味の識別能力が低いんだと思います。

まだまだ私自身の努力が足りない気がします。

でも黄鯛を買っても刺身や塩焼きでは食べないだろうな。

今度、鯛めしで使ってみたいと思います。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー