トピックス

GW中の追っ駈けは特需扱い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超大型連休の真っただ中、さすがに荷物の動きが速い。

午前4時過ぎなのにセリ場にならんでいる発泡ケースが、極端に少なくなっています。

これは当社も、隣りのライバル会社も同様な光景です。

そして1時間後・・・・・。

これで追っ駈けが来なければ終了となりますが、今日は平塚市漁協と鎌倉・小坪漁協からの入荷連絡が早い段階でありました。

鎌倉・小坪漁協からはアオリイカとスミイカ。

平塚市漁協からは活けモノと60箱を超える発泡の箱の山。

よ~く見てみるとイワシ・イワシ・イワシ

川長 三晃丸、日海丸を合わせて、100箱近くの大漁のイワシが入荷です。

ちょっぴり嫌な予感、今日セリ残になってしまうと平成最後のプレミアム在庫になっちゃうので・・・・・。

しかもこんなに大量に入荷したら、値が崩れてしまう可能性も。

そしてセリが始まったら、そんな心配は無用=取り越し苦労に終わってしまいました。

それどころか仲卸・バイヤーのニーズがベストマッチングし、セリ値は普段よりかなり高騰していました。

この傾向は平塚市漁協の他の魚、鎌倉・小坪漁協のアオリイカとスミイカも同じでした。

たまには漁業者のため、高値で取引されてもイイですよね。

当社営業担当から聞いた話では、全国で漁業者の休業日は区区(まちまち)。

4月30日(火)までは操業し、5月1日~5月5日まで休業する取引先は少なくないそうです。

2日の令和元年初めての市場開場日は、大きな問題がなければ何とかなるかな。

でも次の心配事は、3日憲法記念日に魚があるかないかです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー