夢がいっぱい、ユメカサゴ。

セリ場でカタカナの「ユ」を沢山見つけました。

チョット小さなサイズなので獲ってしまうのが可哀想ですが・・・・・。

この魚の名前に肖って今回紹介します、「ユメカサゴ」です。

とてもキレイな彩りでしょ?

南方の魚!?

ではなくて福島県産のユメカサゴ、調べたら青森県以南で水揚げがあるそうです。

このサイズは食べた経験はありませんが、ユメカサゴは何度となくこのブログで紹介し、実際に煮付けにして食べました。

ユメカサゴは別名「ノドグロ」とも言われていますが、口から喉の奥を覗いてみると本当に喉黒いんです(笑)。

本家?正式名よりも「ノドグロ」の名前で知名度の高い「アカムツ」とは同名異人、いやいや同名異魚の別の魚です。

でも「ユメカサゴ」と「アカムツ」には共通する重要なポイントがあります、それは食べて美味しいこと。

味わいも全然違いますが、共に白身で万人受けする魚だと思います。

夢も希望も持てなくなりそうですが、せめてユメカサゴぐらいは腹いっぱい食べて、お腹を夢だらけにしたい気持ちです。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー