小柴の特大穴子いただきました!

緊急事態宣言真っただ中の昨日までの3連休。大雨の影響もあり、人手は少ないのかな?と予想しておりましたが、日曜、月曜はさわやかな秋晴れとなり、東名高速は50km以上の渋滞だったとか・・・

緊急事態宣言が9月末で明けるのであれば、10月の連休は一体どのような状況になるのでしょうか・・・

疲弊している経済も盛り上げていきたけど、第6波なんてことにもなりかねないし・・・

でも、私もどこかへ出かけたいなぁ~なんて考えていたところ・・・

10月11日(スポーツの日)は、まさかの開市!世間様は3連休ですが、我々市場人は日曜日のみの単休・・・であれば、引き続き自粛生活を楽しもうかな。

前置きが長くて申し訳ございません。本題に入ります。

先日、特種相対品課の若手社員から珍しいさかなが入荷したので、是非ブログにと提供されました。

聞いてビックリ!見てビックリ!

神奈川県金沢区にある柴漁港(通称 小柴)で揚がった特大サイズの穴子です。

1.1㎏は初めて見ました。全長は70cm近いと思います。

お顔はカワイイですね。さすがにこのサイズは開けないので、穴子を扱って50年の仲卸さんにお願いして、開きにしていただきました。

お見事な手さばきで、頭を落としても60cmはありました。オススメの食べ方を若手社員にたずねたところ、脂が多いので、白焼きが美味しいとのことなので、早速チャレンジ!

まずはお湯を沸かし、皮側にキッチンペーパーをかぶせて、少し冷ましたお湯をかけ、包丁の背でヌメリを取り除き、コンロで焼きました。

焼く前に味付けはせず、喫食する時に抹茶塩をつけていただきました。

皮が固いかなと思っていましたが、そんなことはなく、ふわふわして美味でした。次回があるのであれば、天ぷらか煮穴子にチャレンジしたいですね。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー