金華育ちに、徳造丸の「秘伝の煮汁(みそ味)」は非常に合う。

昨日は全国的に月末なんだけど、市場は休市日でやっていませんでした。

と言うことは、私が夕飯のおかずを担当すると言うことです。

何にしようかと仲卸店舗を彷徨っていると、㈲丸勇商店そして㈱ムラマツの店頭で同じ魚を見つけた。

何処の仲卸でも同じ魚種は当たり前に被るのですが、なぜ同じ魚と断言しているのか?

それは魚体とMDシールで分かります、ミノリフーズの畜養サバ・「金華育ち」です。

徳造丸「秘伝の煮汁(みそ味)」を試したくて、数あるサバの中から金華育ちを選びました。

そして自宅に帰って「金華育ち」を捌いてみました。

先ずはウロコ取り、そして滑りを丁寧に取り除きます。

その際に「金華育ち」の滑りの多さに驚かされるでしょうね。

そのレベルは松輪サバと肩を並べるくらい。

きっと松輪サバ同様に、極力魚に人の手が触れないように大切に扱われていると思います。

サバの腹に包丁を入れるとアイボリーな身肉が・・・・・。

この色は脂がのっている証拠です。

 

普通に3枚に下ろしましたが、非常に柔らかな身肉のため身割れしちゃいました。

さて、サバの味噌煮の作り方です。

・振り塩して余計な水分を抜きます。

・鍋にサバを入れて日本酒を注いだら加熱します。

・灰汁をこまめに取り除き、生生姜、秘伝の煮汁(みそ味)を加えて煮るだけです。

・生でも食べることが出来る鮮度の良いサバなので、長時間煮込まないことがポイントです。

・サバと生姜を取り出した後、煮汁を煮詰めてとろみをつけます。

 

・作業はここまで、後はサバにお好きな量の煮汁をかけて完成です。

どうですか良い照りしてるでしょ!

秘伝の煮汁は少し甘めのタレなんですが、甘さが諄くないのがイイ。

我が家では煮付けが不動の不人気メニューの№1なんです。

しかし1週間の間に、キンメダイ、サバと煮付けが食卓に出された我が家では・・・・・。

案外二人の娘の受けが良かったので、ホッとしています。

やはり良い魚と、美味しく、簡単便利なタレがあれば大丈夫なんだと少し自信を持てました。

でも図に乗ると飽きられるので、煮付けの間隔は暫らく空けたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー