「うまかばい」は、今やなくてはならない相棒です。

緊急事態宣言が5月末まで延長された。

神奈川県の感染者数は5/6現在で1,125人、延長判断に納得せざろう得ない。

でも・・・・・、横浜市場で感染者が出たと言う情報が入っていない。

毎日、魚を食べているお陰なのか?

何の根拠もないが、この際色々試してみたいと思います。

そして娘たちから毎日「魚」と言われ続けていたのに、敢て目先を変えて夕飯に真鯛のフライ。

そして翌昼には、残った真鯛のフライを使って「真鯛のカツ丼」。

食べている時は静かだったのですが、日頃の鬱憤も重なり娘たちの怒りは頂点に・・・・・。

魚以外の「肉」が食べたいと猛烈なアピール。

ここまで続けば、こんな日が近いうちに訪れることも容易に想像出来ました。

そこで事前に市場内関連棟ヨコハマミートで、「The肉=豚バラ」を調達していました。

実は私の周辺であるモノを作っている社員が大勢いたんです。

あるモノとは「豚の角煮」。

煮魚・照り焼きなど魚では、時短万能たれ「うまかばい」の威力を120%発揮。

では肉にも「うまかばい」が通用するのか試してみたかったんです。

作り方はYouTube先生に数多く載っているので、自分に合ったものを選んで下さい。

材料は、豚バラ、長ネギ(青い部分)、生姜、うまかばい、日本酒ぐらいです。

一緒に茹で卵も煮込むと、最高に美味い煮卵も作れちゃいますよ。

今や私のStayHomeの中で、「うまかばい」はなくてならない相棒になりそうです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー